タグ:JR西日本

IMG_3179
ゴールデンウイークに木次線を完乗。

これによりJR西日本の未乗区間が、今年開業した北陸新幹線の金沢〜敦賀間のみとなりました。


埼玉から一本で行ける区間ですし、余裕で日帰り圏内ですので、木次線に乗った次の日にでも行こうと思えば行けたものの、お金に余裕が無くて夏のボーナスを待ちまして、いよいよ挑む時がきました。

IMG_5606
東の新幹線ではそこそこ乗る回数の多い北陸新幹線に乗車します。

IMG_5611
乗りますのは敦賀行きのはくたか。

敦賀の文字を見ますと、どうしても関西を連想しますが、そういえば福井県なんですよね、敦賀。


新快速の勢力範囲に改めて驚きです。

このまま終電まで乗り通せばJR西日本全線完乗は達成されますが、それだとなんか味気ないので金沢で下車しました。

IMG_5654
北陸本線が第三セクターに移管され、そのためなのかシールペタペタ貼られた金沢駅在来線ホームにやってきました。

そうですよね、北陸本線は第三セクターに移行されたんですよ。

七尾線が直通してきてますが、七尾線の起点は3駅隣の津幡。つまりここ、完全にJRじゃないので、
IMG_5644
IRいしかわ鉄道の入場券が必要となりました。

北陸本線がほぼ消滅したんだと改めて実感しましたね。

IMG_5617
ホームに上がるとハピラインの車両がお出迎え。

なぜだろう。521系なんだけど、四国の特急っぽさも感じる塗装。

IMG_5619
デビュー記念ステッカーが貼られています。


IMG_5625
後方の編成はピンク比率高め。結構思い切った配色ですよね。


IMG_5622
そこそこの運行本数を維持していますが、さすがにホームが余ったのか、午後の2時過ぎだってのに4番のりばの発車案内は既に本日の運行は終了しましたの表示。

あれだけの運行本数を抱えていたサンダーバードが消えたらそりゃホーム持て余すか。


IMG_5632
隣のホームには七尾線の521系。七尾線がJRの車両になってるのを地味に初めて見ましたね。

赤系のラインカラーなので広島っぽさを感じるかと思ってましたが、結構暗めの赤なんですね。

そういえば七尾線の413系とかが末期にこの色でしたっけ。

IMG_5642
あいの風とやま鉄道の車両もいました。223系顔の521系。

IMG_5647
IRいしかわ鉄道の521系。

IMG_5658
こちらもIRいしかわ鉄道の521系。

所属会社が異なり、顔も製造時期で異なるというのに、来る電車全て521系なのなかなか面白いですね。

IMG_5661
最後に七尾線521系の入線を遠目に見て金沢終了。


そろそろ本題に入ります。


つづく

IMG_3179
JR西日本全線が3日間乗り放題の切符が発売されます。(JR西日本のプレスリリース

その名もWESTERポイント全線フリーきっぷ。


WESTERポイント9000ポイントさえあれば、JR西日本の全路線に、特急列車や新幹線も乗り放題!

普通車指定席交付回数無制限!智頭急行も乗れます!



9000ポイントもWESTERポイントがない方へ。

1000ポイント+14000円でも買えます!

但しこちらは有効期間1日で指定席交付回数も6回まで。




9000ポイントのやつはかなりお得そうですね。まぁ9000ポイント今から貯めるのは根気が必要ですが。わたし今85ポイントしかないし...


まぁでもポイントがあるなら青春18きっぷよりこっちを利用したいと思わせてくれます。特急や新幹線に乗れるのはほんとにありがたい。


なお夏以降の青春18きっぷの発売に関して、JRからいまだ発表がないようで、全国の18きっばー達が焦っているようですね。

あのきっぷは確かにお得ですけど、普通列車しか乗れないし、ムーンライト亡き今、余程の長期休暇が無ければ使い勝手悪いのと、新幹線等のタイパ最強機関を覚えてしまった以上、苦痛に感じてしまうんですよね。

まぁ今週中ぐらいには何かしら発表があると思いますので、18きっぱーの皆様は気長にお待ちください。


 

IMG_2972
JR西日本の京阪神エリアの運賃体系見直しって話が先月話題になりましたが、JR西日本からその答え合わせが出てました。(JR西日本のプレスリリース


概ね予想通り、電車特定区間の拡大と大阪環状線料金の廃止がその答えでした。


ただし現行の電車特定区間の賃率が1kmあたり15.3円のところ、15.5円になるようですので、それが環状線以外でも若干値上げになる区間がある正体だったようです。


あともしかしたら廃止されたり値上げされたりするかと思った特定区間ですが、特に変化なさそうなのとなんなら新設される区間もあるようです。



びっくりするような値上げではなく、従来は幹線区間だった場所や一部新たに特定区間が設定される場所はちょっと値下げになったり、とりあえず鉄オタ界隈で心配されてた事象は回避できてそうですね。


なお今回の発表内容は運賃が決定したわけではなく、あくまで国土交通大臣へ認可申請をしたって話ですので、その辺は注意してください。まぁこの内容ならこのまま申請通ると思いますけどね。



 

867b5b70.jpg
JR西日本の京阪神エリアの運賃体系が統一される。

そんなニュースをNHKなどが報道しています


JRの運賃は非常に複雑で、幹線運賃、地方交通線運賃に、電車特定区間や山手線内、大阪環状線内運賃など、乗る区間によって料金体系が異なります。


同じ距離のきっぷでも、区間によっては高くなったり安くなったりしているわけですが、京阪神エリアではこれを統一しようとしているみたいです。

琵琶湖線や宝塚線あたりが、利用客が多いわりに電車特定区間に含まれておらず、割高になっているとNHKで報道されているため、その辺のエリアも電車特定区間になるって話ならよかったんですが...



NHKが報じているのは上記2路線などの一部の区間は値下げとしているものの、大阪環状線や京都線などの一部の区間では運賃が引き上げられる見通しとしています。


大阪環状線内の一部が値上げであれば、大阪環状線内運賃を廃止し、電車特定区間に統一で話が済んだんですが、どうもそうではなさそう。



Xなどでは電車特定区間が廃止され、青春18きっぷの有効期限が0時までになるのではと危惧されている18きっぱーも目立っています。


JR西日本からの正式発表が無いのと、まだ国交省へ申請もしていない段階のようですので、あくまで憶測でしかないですが、環状線内運賃の廃止と特定区間運賃(私鉄競合区間のあれ)の値上げと電車特定区間の範囲拡大が、1番手っ取り早く、可能性が高い気がします。


ここまで京阪神エリアと範囲を定めて、運賃体系の抜本的改定も有り得なくはないですが。けどシステム改修とかの手間は半端じゃなさそうだし、そこまでするのか疑問。
 


なので個人的には環状線内運賃の廃止と電車特定区間拡大説を推しますが、国鉄解体から40年近い年月が経ってますし、JRの運賃体系が大きく変わってもおかしくない時期かもしれませんね。


なお京阪神エリア運賃体系統一により生じる現行運賃との差は、十円から数十円程度と見られるとのことですので、月数回程度の定期外利用ならさほど気にならない程度かと思われます。

定期券やらそのあたりも気になるところですが、JRの公式発表を首を長くして待ちましょう。

↑このページのトップヘ