タグ:10000系

IMG_5562
相鉄の10000系若草色を追いかけて天王町までやってきました。


東急と繋がり、浦和美園や川越市からでも、相鉄線まで一本で来られるようになりましたが、いやぁ埼玉の東の方に住んでたら特に恩恵ないです。

しかも天王町だと結局横浜経由でいいやってなりますし。


そんな直通効果皆無の場所で、JRのE231系がベースながら、結局JR直通は叶わなかった車両を待ちます。

IMG_5572
やってきました、若草色の10000系。

やはりこのカラーリングですよ。このカラーリングで新宿まで来てくれたら、特に違和感なく若干色合いの異なる埼京線ぐらいの認識をされたことでしょう。

IMG_5576
ヨコハマネイビーブルーも良いんですけどね。確かに横浜と言えば青のイメージが沸くんですが、マリノスかベイスターズぐらいの青のイメージなんですよね。


IMG_5580
場所を移動して鶴ヶ峰。そうそう、この青で良かったのではないかと思っています。

IMG_5588
そして若草色10000系。

IMG_5593
ヨコハマネイビーブルーと一緒に。

先ほどは気がつきませんでしたが、横浜方と海老名方でロゴマークが異なるんですね。


IMG_5599
側面にも旧ロゴマークが貼られていました。


新塗装やらヨコハマネイビーブルーもいいですが、00年代初頭の懐かしさも残しとけとまでは言いませんが、大切にしてほしいものです。

 

IMG_5244
東急の新幹線カラーを追いかけて相鉄線にやってきたら、なにやら赤い10000系がいました。

往年の赤帯版と言うラッピングだそうで、もし10000系が赤帯で登場していたらというコンセプトだそうで。


なぜ赤なんだと思いましたが、
8faa375e.jpg
6c5a2e36.jpg
6ce95b27.jpg
そういえば相鉄って赤でしたね。

その赤い相鉄のイメージを破壊したのが10000系。

独自路線を進んでいた相鉄ですが、10000系はJR東日本のE231系をベースにした車両で、デザインも車両本体も相鉄からしたら異端な車両でした。

IMG_5264
なお登場時の塗装も復刻。

やっぱこの塗装ですよ!この姿をほとんど見ることなく今の青帯になりましたが、やはり10000系のイメージはこっち。


IMG_5263
なお緑帯は先頭付近のみで、側面はほとんど青帯です。

IMG_5282
場所を変えて往年の赤を撮影。


IMG_5286
青と赤の切り替わる部分。なんだろ、FC東京かな?


IMG_5324
懐かしの若草色も同じ場所で待ちました。

IMG_5336
ここだけ見ると常磐線のE231とE531を混ぜたように見えますね。


IMG_5349
帰りは往年の赤で海老名まで行きました。



ちょっと天気が悪かったので、東急の新幹線カラーも含め、またリベンジします。




 

↑このページのトップヘ