タグ:総武快速線

IMG_8366
横須賀線の東京トンネル内で、複数のコンクリート片が落下しているのが発見され、列車が約10時間運転を見合わせました。


発見されたのが始発前であったため、列車が衝突などの事故は回避できたものの、トンネルの一部が剥がれ落ちてくるのはなかなかの恐怖です。

剥がれ落ちたコンクリートは、換気口の壁の一部のようで、落下したコンクリート片は合計で113kgにも及ぶとのこと。



原因はまだわかっていませんが、東京トンネルは完成から半世紀も経つ古いトンネルですので、老朽化も考えられるでしょう。

また、地下水位の上昇と戦ってきたトンネルでもあり、その辺も関係してきそうですね。



直接的な原因は別にあるのかもしれません。

しかし、特に高度成長期前後に作られた、鉄道インフラの老朽化が隠せなくなってきているのもまた事実。

人材不足に賃金の上限と、インフラの維持もなかなか大変な状況かと思います。

そんななかでも、安全に気軽に乗れるのが鉄道のメリットですので、なんとかこの先も継続して運行できるように、保守点検は経費削減とかされず、より力を入れてくれることを願います。



8df8ab90.jpg
場所:下総中山駅1,2番線ホーム千葉方

対象:総武快速線東行

順光:午後

被り:ふつう

撮影可能車両:E217系、E235系1000番代、E259系




↑このページのトップヘ