カテゴリ: 撮影地紹介(私鉄・三セク)

イメージ 1
2番線ホームの中央林間寄り先端から、渋谷方面の列車を撮影できます。
 
トンネルから出て、カーブを行くところを撮影できるこの場所は、田園都市線の中でかなり有名な撮影地だそうです。
 
データイムならほとんど被ることはなさそうです。
 

イメージ 1
下りホーム渋谷寄りから、中央林間方面の列車を撮影できます。
 
ホーム先端ではなく、やや手前からの撮影がお勧めです。
 
 
順光時間は午後となりますが、どの時間帯も側面は影となりますので、そういうのが気になる方は曇りの日などの撮影をおすすめします。
 
同じ場所から大井町線からの列車(複々線の内側線)も撮影できますが、こちらは正面メインの構図になります。
(参考画像)
イメージ 2

神宮前駅2番線の名古屋寄りから、4番線に入線する電車が撮影できます。
 
3番線の常滑線方面の列車も撮影できますが、4番線入線の列車の方がお勧めです。
 
 
名古屋本線、常滑線ともに、かなり運行本数が多いものの、データイムなら意外と被りません。被っても次の列車は数分で来ますので、とにかく名鉄の撮影がしたい!って時におすすめです。
 
順光は午後です。
 
 

イメージ 2
八木崎駅から5分ほど歩いた線路際の道から、春日部方面の列車が撮影できます。地図はこちら
 
午前中が順光です。
 
データイムなら被ることはないでしょう。滅多にないですが、試運転や回送列車の場合だと、被る可能性が結構高いので、その場合は他の場所の方がいいかもしれないですね。
 
 
それにしても、なんで架線柱の写る構図にしてしまったんでしょうね。8000系と雪なんて、あと何度見れるかわからないというのに・・・・・・。

イメージ 1
 
豊四季駅から徒歩5分程度の線路沿いから、柏行きの電車が撮影できます。
 
 
 
写真は14時ごろ撮ったものですが、正面は影になってしまっていますね。正面も側面も陽が当たるのは、おそらく11時とか12時ぐらいだと思います。(あんまり早すぎると、今度は側面が影になります)
 
 
この線路沿いの道は非常に狭いです。しかし、抜け道になっているのか、歩行者や自転車が結構通りますので、邪魔にならないように撮影してください。

↑このページのトップヘ