カテゴリ: 日記(鉄道系)

IMG_0738
引退間近の8500系を撮ろうと、この日は高津へ。

IMG_0767
メトロ18000系もようやく本数を増やしてきましたね。



IMG_0783
2年後ぐらいには半蔵門線系統で最古参になる東急5000系。時代ですね。


IMG_0808
東武はこの50050系を最後に半直への新型車両は投入していませんが、まぁ北関東に置き換えなきゃやばそうな車両を大量に抱えていますので、あと20年ぐらいは余裕で50050系の独壇場でしょうか。
 
IMG_0856
東急5000系とほぼ同期の08系。18000系より赤みが強い紫帯が特徴です。

IMG_0879
最後となりました、東急8500系。この日は朝の1往復のみっぽかったんで、わざわざ側面逆光の午前中の高津での撮影でした。


そして後日、
IMG_0980
東武線姫宮駅でも撮影。最後まで爆音ありがとうございました。



IMG_9554
残り1編成となりました東急8500系を撮るために二子新地へ。

IMG_9567
新地で撮るのも相当久しぶりですね。田園都市線系統は東武線内でも見れますが、

IMG_9581
大井町線からの電車も通りますので、なかなか新鮮な撮影ができますね。そしてこの区間の複々線の使い方が未だにいまいちよくわかってないです。


IMG_9585
2020系が来て思いだしましたが、前回来たのはこの2020系を撮ろうとしてた時だったかも。まだ東武線に直通してなかったかなんかだった気がします。

325f0ef5.jpg
その当時はまだまだ腐るほど8500系が爆音を轟かせていた時代ですね。

IMG_9591
現在残るのはこの青帯の1編成のみ。

寂しくなりましたが、東武沿線は静かになりました。



引退前に側面も写る場所で撮りたいですね。

 

IMG_9619
カシオペア紀行をバリ逆光で撮影。面ボケてるやん・・・


完璧な逆光すぎて他の撮影者誰もいないってのが快適で良かったですね。近場の側面には日が当たるポイントはかなりの方々がいらっしゃいました。


沿線での撮影は私有地には絶対に入らず、公道上ですので交通の妨げに絶対ならないように撮影しましょう。


IMG_9496
E493系がハンドル訓練かなんかで宇都宮線内で試運転を行っていました。


IMG_9515
2両なんで普段撮らないような場所でも撮影可能ですね。仕事中にしれっと撮りに行けます。

IMG_9603
201系を思い起こさせる顔。別にモチーフにしたわけでは無く、シンプルさと作りやすさを追い求めた結果この顔になったらしいです。


いずれ入換作業はもちろん、新津とか総合製作所からの配給とかもこの車両になるんでしょうね。


IMG_8896
5年ぶりぐらいに埼京線の平日朝ラッシュに乗りましたので、そのまま恵比寿で撮影。

IMG_8899
湘南新宿ラインと埼京線がやってくるいつもの光景っちゃいつもの光景なんですが、

IMG_8910
反対側からやってくる通勤快速という響きが懐かしくてたまらないっす。

IMG_9011
5年前まではクソほどお世話になっていましたが、車通勤になったので全く乗らなくなってしまいましたね。


IMG_8928
そして日中なら20分に1本のりんかい線直通の埼京線ですが、

IMG_8936
さすが朝ラッシュは新宿以南にもバンバンやってきます。


IMG_8941
ガチな通勤通学利用していると、新宿行き率が高すぎて、新木場行きが来ようものならどれだけ混んでいようが身体を車内にねじ込んでいたものですが、気楽に撮影している状態だと、本数の多さに驚きます。


IMG_8945
赤羽行き。205系時代は日中の1時間に1本ぐらい設定されていて、まぁ赤羽以北の各駅しか止まらない駅は運行間隔がえぐいことになっていましたが、それも過去のもの。なかなか見られない行先になりました。

IMG_8959
湘南新宿ラインと埼京線と山手線。さすが朝ですね。

IMG_8976
新木場行きからの


IMG_8987
相鉄直通線。この相鉄乗り入れのおかげで、新宿以南のE233系7000番代率がすごい高くなりましたね。

IMG_8994
湘南新宿ラインはそこまで多くないんですよね。まぁ埼京線を多く捌かなきゃいけませんから、そこはしょうがないかも。

IMG_8996
そういえば新宿以南からの大宮行きもなかなかそんな時間帯に乗ることがないので1枚。そもそも大宮行きが減りましたからね。


IMG_9006
最後に東京臨海高速鉄道70-000形。


ラッシュ終わりかけの時間帯でしたが、一般利用客の邪魔にならない場所で、短時間で多くの列車を見れたので楽しかったですね。別に仕事ではないっていう優越感みたいなのもありましたし。


電車通勤の皆様、日ごろからお疲れ様です。

↑このページのトップヘ