カテゴリ: 鉄道情報



b684b15d.jpg
 JR九州が9月23日のダイヤ改正について発表しました!


メインはもちろんこの日開業する西九州新幹線のダイヤ。


1日47本、武雄温泉~長崎間の全区間運行する列車は44本となります。武雄温泉発着の列車は全て在来線特急リレーかもめに接続。


博多~長崎間の所要時間は現行より30分短縮の1時間20分!


新大阪~長崎間は乗り換え時間込みで最速3時間59分!乗り換え2回を含めて4時間を切ったのは凄いですが、2回の乗り換えはやはり面倒なような・・・






在来線の方のリレーかもめは34本の運行。新幹線より10本ほど本数が少ないですが、その10本は佐世保方面の特急みどりのうち10本が「みどり(リレーかもめ)」という謎体系で運用されるようです。



みどりとハウステンボスの運行本数自体は現行と同じなんですが、問題はかもめ。

現行の在来線特急かもめと比較して、新幹線接続のリレーかもめは16本ほど本数が減ってしまうため、それを補うために博多~佐賀・肥前鹿島間に特急かささぎが新設され、17本運行されます。



長崎ばかり注目されそうですが、しっかり佐賀までの足も確保された喜ばしいニュースですね。かささぎは佐賀の県鳥だと言うことですので、佐賀に密着した特急ということをアピールしています。



久々の明るい系多めなダイヤ改正ですので、JR九州のニュースリリースでぜひご確認ください。

IMG_6039
3年前に発表した上越新幹線速度向上に必要な騒音対策工事などが、2022年度末に完了する見通しが立ったこと、それに伴い2023年春から上越新幹線の最高速度275㎞/hに引き上げたダイヤ変更の準備をしているとJR東日本が発表しました。


そして同プレス内に、2022年度末に上越新幹線はE7系に統一する予定と言う文字も。



先日も新潟支社の記念パネルか何かで似たような文が見つかっていましたが、会社公式のプレスに載るのは3年前のそれこそ今回の工事の発表以来じゃないでしょうか?



この3年間、台風やらコロナやら、まぁ色々ありすぎたわけですが、それでもしっかり予定通り車両増備も工事も進んでたことに驚きですよ。



E4系の引退がまだ記憶に新しい中、E2系の引退も間近。


まさか東北より先に撤退するとは思いませんでしたが、今後また予定が狂うような事態が起きても困るので、何事もなく年度末に上越から引退することを祈ります。(もう天災も疫病もコリゴリです)



IMG_5307
昨日の新宿さざなみですが、9連の大宮総合車両センター所属のE257系5000番代で運行されました。


IMG_9067
新宿さざなみと言えば、普段は週末に幕張のE257系500番代5連での運行ですが、ものすごい繁忙期ってわけでもないのに9連での運行はちょっと嬉しいかも。それだけ需要があると見込まれたってことでしょうし。


多少疑問があるとすれば
136a90f1.jpg
同じ9連の255系はどこ行った?と言う思いがありますがね。別にこっちも余ってそうな気がしましたんで。


E257系5000番代ですが、前面の愛称表示は新宿さざなみと表示してるわりに、
IMG_5313
側面は特急のみの表示。そこは用意してなかったのね。


IMG_5235
佐原・潮来で開催されるあやめ祭りに合わせて、臨時特急あやめ祭り号が運転されています。

幕張のE257系500番代には今や貴重な活躍の場ですね。


IMG_5243
秋葉原に停車する5両編成。ヘッドマークの表示は特急あやめ定期運行時代のものかな?

IMG_5248
発車案内の方はあやめ祭りを表示していました。



以上です。

IMG_0592

31日の夜、飯田線の湯谷温泉~三河槙原間の線路内に岩石が落下し、線路施設が損傷しました。



JR東海のプレスリリースをご覧いただけるとわかりますが、かなりでかい岩が線路を完全に塞いでいる状態になっています。


この影響で本長篠~中部天竜間が運転見合わせ。岩石の撤去の目途がたっていないため、当面の間この区間は不通となります。




また、同区間を走る特急伊那路は全線で当面の間運休となります。



落石時に列車が通過していなかったこと、おそらくこの落石の影響の為だと思いますが、信号が赤から切り変わらなくなって、列車が現場区間に入れなかったことが幸いして、人的被害が無かったのが本当によかったです。










↑このページのトップヘ