カテゴリ: 春日部駅高架化工事


東武スカイツリーラインと東武アーバンパークラインの乗換駅であり、埼玉県春日部市の中心駅である春日部駅。

地上3面7線(待避線を含む)のこの駅は、駅舎に自由通路が設けておらず、春日部市の東西を完全に分断しています。

駅のすぐ北には、遮断時間県内最長とも言われる開かずの踏切が存在し、これも東西分断に拍車をかけています。


この現状を解決するために、かなり前から高架化ということを言われてきたんですが、まぁ進展しないのなんの。

高架化の話が中途半端に存在するからかどうかは定かじゃないですが、春日部駅の乗降客数は1日平均7万を超え、さらに乗り換えの客が6万いるって話なのに、駅はかなり手狭ながら、特に大きな改修とかすることもなく、
微妙な古臭さを醸し出しているわけですよ。北越谷以南の高架駅との格差は歴然ですよ!

んでまぁ春日部育ちの私としましては、春日部駅が綺麗な、そして便利な駅に生まれ変わってほしいと思いつつも、そんなん「岩槻に、地下鉄を!」ぐらい現実味のない夢物語だとも思っていたわけです。


と、ここまで書いて、こんな埼玉県民でも大方がどうでもいい話だなと思ってきたんですが、書いてる私も今や千葉市民なので、このまま書き続けます。


この春日部駅の高架化が一歩前進とはどういうことでしょうか。

それは先日発表されました、東武グループ中期経営計画2017~2020をご覧いただければわかりますが、以下の2つの重要なことが書かれているんですよ。

それが、
・春日部駅ジャンクション機能強化

と、
・連続立体交差事業の推進:春日部駅付近

※一部省略していますが、ほぼ内容通りです


ジャンクション機能強化は、野田線と伊勢崎線の相互直通運転の強化によるアクセス性と都心からの速達性の向上とのこと。

連続立体交差事業の推進は、そりゃもちろん高架化する方向で話してもええんちゃう?ってこと。


自治体側から推進、推進って話が出るのはよくあることですが、鉄道会社側からこの話が出るってことは、現時点ではやる気がある証拠。


ここから何事も問題なく着工までたどり着けば、おそらく10年ちょっとで完成に至ると思うので・・・、あれ、10年経ったら俺もう30代半ばか・・・。どうせそんなうまいこと完成に至るとも思えないし・・・。

自分が40歳になるころにはさすがに完成しててほしいと思いますし、その時春日部市がその時代に合った街並みになっていればと思います。たぶんこのままだと廃れていく一方ですし。





埼玉県東部に位置する、人口23万人の小さな町、春日部市。
 
ここの中心駅である春日部駅の1番線は、1ドア車から2、3、4、5、6ドア車まで、異なるドア数の列車が同一のホームにやってきます。
 
ここの3,4番線と、東武動物公園も同じ状況なのですが、春日部駅1番線は伊勢崎線の上り列車がこのホームしか使えないため利用者(特に乗車客)が多く、
ホーム上は乗車位置案内で埋め尽くされているという、なかなかカオスな状態なんですが、この状況も長くは続かないようで。
 
 
まず、3ドア車と5ドア車がいなくなるのは、昨年発覚いたしました。
 
というのも、日比谷線直通車が現行18m車なんですが、これが日比谷線内のホームドア設置に関連して、20m4ドア車の新型車を導入して統一すると発表されました。
 
 
そして今年に入りまして、東急が2020年をめどに、東横線、田園都市線、大井町線の全駅にホームドアを設置することを決定し、これにより田園都市線の5000系の一部車両にある6ドア車を、全て4ドア車に置き換えると発表されました。
 
これにより、伊勢崎線内から、3ドア、5ドア、6ドア車が近いうちに消滅することとなり、春日部駅1番線に停車するのは1ドア、2ドア、4ドア車と、わりと一般的な駅になる模様。
 
これでホームはすっきりするのかな。
 
でも片やホームドア設置に向けてなのに、春日部はそんなことを感じさせないドア数の豊富さと、駅のボロさ。下手に高架化話があるから、リニューアルもできないような状態。こっちのほうがどうにかならないかな。

↑このページのトップヘ