IMG_3446
日本最強クラスの赤字路線のターミナル、備後落合駅に到着。

木次線を乗りつぶしたことにより、これでJR西日本の在来線完乗を達成!

宮崎で洒落にならないレベルの腹痛起こしたり、木次線が冬眠しなきゃ去年には達成してたんですけどね。

残すは北陸新幹線の金沢〜敦賀間だけなんで、まぁいつでも行けるでしょう。余裕で日帰り圏内ですからね。


さてさて、日帰り可能か?と言ってるくせに、初手で泊まった旅の続きを。

IMG_3448
落ち合う駅備後落合。ゴールデンウィーク真っ只中で、フリーパス系が使えず、指定席も高い時期にわざわざ乗ってきた証拠に。

遠く離れた都会の外れの方に住みながら、画面越しで廃線反対表明をして、乗りに来たとしても青春18きっぷとか格安の切符使ってしか来ない人には見習って欲しいものです。そういう人らに限って、青春18きっぷ期間は混むのわかってるんだから増車やら増発しろって言うのなんなんですかね。

IMG_3458
乗り換え時間の間に備後落合の駅前へ。川沿いに藤の花が自生していて綺麗ですね。

IMG_3460
相変わらずの備後落合駅前のバス時刻表。木次線、芸備線、そしてこのバス。どれが先に廃止になるのやら。


IMG_3461
備後落合駅の駅舎。どの方向から来ても、まともに辿り着けるのがこの時間のため、列車の発車直前まで人で賑わっていましたね。

IMG_3468
以前訪れた時は気が付かなかったんですが、全盛期の備後落合駅を再現したものなのか、ジオラマが展示してありました。

まぁ全盛期よりは劣るんでしょうけど、少なくともこの日の賑わいは、在りし日の光景を多少は思い出させるものだったのではないでしょうか。


IMG_3466
いちおう庄原市は芸備線に残ってほしいと思っているんでしょうかね。そういえば広島県に入ると木次線のこの手のものは見かけてないかも。

IMG_3470
発車を待つ芸備線、そして後ろにちょこんと木次線。

3方向それぞれ別の場所を目的地とする列車は全て1両ですが、立ち客が出る程度に混雑していました。


芸備線は既に乗車済みですし、木次線の3時間強を後面展望するためにずっと立ちっぱなしでしたので、新見まで座ってやろうと思ってたんですけど、ずっと駅前や駅ナカを彷徨いていたら俺の席ねぇや。

IMG_3472
一般利用者なんてほぼ0な列車、新見まで再び立ちっぱなしが確定しました。

立ちっぱなしがしんどいと言うより、純粋に眠いんですよね。ネカフェで3時間睡眠なんて、若い時なら...いや若くても眠気で死んでたよ。


IMG_3476
そんなわけで、再び後方展望。地獄の芸備線の旅スタート。

IMG_3473
あ、備後落合からまたまた整理券で乗車です。みどりの窓口がまともに使えなくなった今、諦めてこのように買うしか無いのかな。

なお今回、宍道から出雲横田、出雲横田から備後落合、備後落合から新見と分けて買ったと言うか、長時間停車と乗り換え駅で降りただけなんですが、宍道から通しで買うより安いんですね。特に考えてなかったけどラッキー。


IMG_3478
まぁ運賃はちょい安く乗れた嬉しさなんかより、クソほど睡魔が襲ってる時に座れないことがわかっている中、この先も地獄の必殺徐行区間が続くことを知っていると、まぁ精神的にきついものがあります。

とにかく早く新見に着いてくれ。
IMG_3479

IMG_3482

IMG_3487

IMG_3490

IMG_3492
そんな想い虚しく、ゆっくり慎重に芸備線は進んでいきます。

IMG_3496
道後山ではパンダが煽ってきました。お前と握手したらもう一泊確定です。

IMG_3503
パンダの煽りの後も、長めの必殺徐行が続きます。

IMG_3505
内名駅の駅名板と藤の花。木次線と言い、沿線の藤だけは綺麗でしたね。

IMG_3506
数々のJR西日本のローカル線を乗りつぶし、その度に必殺徐行でテンション上がると言うか気が狂ってたわけですが、1741mは今まで見た中で過去最長。前回乗った時は前面展望だったので、おそらく標識がトンネルの中で見えなかったやつですね。


ただこの鬱陶しい必殺徐行も効果はあるようで、近年それなりのペースで落石とかに衝突してる芸備線ですが、運転士に怪我はないという素晴らしい功績を残しています。なお乗客はそもそも0なんで絶対客に怪我させない対策もしっかり出来ています(?)
IMG_3511
そんな新聞の片隅で恥を晒す芸備線ですが、沿道に落石が見え、確かに危険な区間なんだと今回再認識しました。

IMG_3515
けどやっぱ遅すぎるって...

IMG_3517
列車はクソ過疎区間を抜けて東城の街に到着。ここで奇跡的に降車客がいましたので、やっと着席。

この先備中神代か布原で遅れてる対向列車待ちをしてるところまで記憶無し。そして特に異変に気づかず新見に到着するのでした...



つづく