そば食った後は、大糸線に乗るために松本へ!

イメージ 1
塩尻13:36発→松本13:46着 篠ノ井線特急あずさ13号 E257系0番代

わずか10分ですが、E257系あずさの乗り納め・・・に、なるはずだったんですけどね。まさかこの後にも乗ることになるなんて、この時は思ってもいませんでした。

イメージ 2
松本駅では、アルピコ交通の痛電を発見。

キャラクターが描かれているものの、車体自体はあちこちの地方鉄道で活躍中の元京王3000系。

上高地線には乗りませんでしたが、この後アルピコ交通さんにお世話になるとは思ってもいませんでした。


私は目的の大糸線の方へ。
イメージ 3
E257系の簡易運転台部分。都内じゃたぶん見れない姿です。

イメージ 4
松本14:09発→信濃大町15:03着 大糸線普通 211系



さぁ、いよいよ念願の大糸線。

松本は積雪0ですが、1時間ほど走りますと、
イメージ 5
ちょっと雪が増えてきました。信濃大町はアルペンルートの起点とされる場合もある場所です。

ここで乗り換えになるんですが、次乗る電車とは別に、松本方面行の列車が入線してきたと思えば、
イメージ 6
南小谷始発のあずさでした。この時間帯に走ってたのね。


イメージ 7
信濃大町15:08発→南小谷16:07着 大糸線普通 E127系100番代

あずさに乗りたいところですが、1日1往復しか大糸線に乗り入れてないので、仕方なく(?)鈍行旅続行。


信濃大町を出てわりとすぐから豪雪地帯と言った風景に。


イメージ 8
白馬まで来ると、あたりはもう真っ白。HB-E300系リゾートビューふるさと編成とたまたま遭遇。

イメージ 9
その後もひたすら姫川と雪景色を眺めて

イメージ 10
終点の南小谷に到着。

ここから先はJR西日本の管轄になるので、週末パスは使えないため、この先の切符を別途購入しなければならないので、とりあえず改札を出たんですが・・・・・・


イメージ 11
え!?運休!?



つづく・・・・・・