3月のダイヤ改正で、新大阪まで全通するおおさか東線ですが、ダイヤ改正と同時に既存区間を含め、久宝寺以外の全駅が「大阪市内」になりそうです。


大阪市内というのは、JRの特定都区市内制度の話でして、「東京都区内」とか「横浜市内」のあれです。


JR西日本がおおさか東線開業に伴う運賃認可申請で、この制度についても申請したようなのですが(JR西日本のプレス)、一部の駅は大阪市内じゃないけど大阪市内扱いを受けることになります。



別に市内じゃないのに市内扱いを受けるのは今までもいくつかありまして、例えば

(広島市内)←→向洋←→海田市←→(広島市内)

と、住所上広島市内の駅に挟まれた、山陽本線の向洋と海田市は、この特例上は広島市内となります。



なので、吹田市の南吹田も、東大阪市の高井田中央、JR河内永和、JR俊徳道、JR長瀬、衣摺加美北が大阪市内に含まれても不思議じゃないし、ちょっとお得になる場合があるので良い話なんですよ。


ただ疑問なのは、東大阪市の5駅は10年前の開業時にできなかったのか!?


それじゃぁ今まで大阪市内で唯一この特例を受けられていなかった新加美駅がなんかね・・・・。でも大和路線の加美まで徒歩すぐだし、別に意味はなかったか。



以上、横浜市内扱いの駅がめちゃめちゃ川崎市に食い込んでるのが気になってしょうがない超特快でした。