2019年3月16日、JRのダイヤ改正が行われます。


関東だと中央線特急系統、関西だとおおさか東線全通などが目玉でしょうが、大方は事前の発表や報道でわかっていたものですよね。


なので個人的に注目したいのが、JR西日本広島支社のダイヤ改正。


山陽本線の三原~岩国間と、呉線、可部線で全列車が227系での運行となり、ついに酷鉄廣島が解体されます。

やれ末期色だ、ガムテープだ、散々馬鹿にされてきたJRの広島地区が、完全に過去の思い出になるみたいです。

ほんとなんでもかんでも黄色くしたあの期間は何だったのか。


そして、

無事に新型車両227系が投入され、そして全ての列車がこの車両での運転とのことですが、ここから30年はこの体制になるのではないかと危惧されますね。その時はまたいじってやってください。