イメージ 1
金沢から1時間弱で福井到着。大宮から3時間半ぐらいですか。意外と近いんですね。下手すりゃ場所にもよるけど、大阪と所要時間そんなかわらないぞ。

そしてお出迎えしてくれた恐竜くん。なんだろう、天体戦士サンレッドに出てきそう。というか北千住を測量してたやつに似てる。

イメージ 2
やたら綺麗な福井駅前ですが、福井市の人口は26万人。春日部とそこまで大差ないレベルですが、この格差よ。どんだけ綺麗に整備されてるんだ。

まぁ、福井都市圏で考えたら66万人規模なんで、そりゃ格差生まれますよね。それにしても綺麗に整備されてます。新幹線の開業も控えてますし、今後さらなる発展が期待されます。


しかし、とりあえず福井に降り立ったのは良いものの、福井駅から徒歩で観光するとしたら、いったいどこへ行けばいいんだ???


とりあえず適当に歩いて福井県庁に到着。
イメージ 3
他県民が他県の県庁に来たってどうしようもないですが、気になるのは謎に人が集まっていたこと。

そこそこ世代も性別も関係なく人が集まり、皆さんスマホを見ながら立ち止まったり歩いたりしてたので、てっきり県庁前が渋谷で言うハチ公前、新宿で言うアルタ前、大宮で言う豆の木的な待ち合わせスポットなのかと思ったんですが、どうやら皆さんポケモンGO!に夢中なようで。

配信当初は絶大な人気を誇り、歩きスマホやながら運転などが大問題になったポケモンGo!

当時購入から4年ぐらい経ってたスマホを使ってた私は、まさかのアプリ非対応で時代の流れに乗り遅れた経験もありましたが、少なくとも自分の周りでは1か月ぐらいでブームは去りましたが、まさかまだこんなに人気とは。


ちなみに福井県庁
イメージ 4
福井城址に建てられております。隣には広場みたいなのが整備され、青空に木々の緑が非常に心地よかったです。

しかし城址に県庁たてられるわ、ポケモンゲットに夢中なある意味狩猟民族に攻められてるわ、大丈夫か福井城。

イメージ 5
福井駅に戻りまして、福井鉄道を撮ってみました。軌道区間ですが、2系統合わせてもデータイム1時間に4本という少なさ。

反対口に回ってえちぜん鉄道の方へ。
イメージ 6
開業前の北陸新幹線福井駅の高架を使用しているえちぜん鉄道福井駅。

イメージ 7
今週末から、すぐ隣の自社の駅舎に移動となります。

イメージ 8
というわけで、北陸新幹線敦賀開業までしばらく使われない駅舎の中を拝見。

イメージ 9
ホームの基礎部分はしっかりしてますが、階段は仮設臭い感じでした。というか階段の幅狭いし、それ以上に

イメージ 10
ホームの幅員狭すぎね???

イメージ 11
2両編成のえちぜん鉄道の駅としたら立派なものですが、将来的には12両編成の北陸新幹線の駅になる場所です。

東側は北陸本線、西側はえちぜん鉄道の新駅舎に挟まれ、拡幅はほぼ不可能でしょう。


イメージ 12
一応将来的なホームの南側はまだ未完成でスペースはありますが、カーブのRとか考えたらそんなに広げられませんし、延長線上にビルが見えるけどあれを回避しなきゃいけないんだろうし、やっぱり狭すぎねぇか?


イメージ 13
「まあ、そんなこと気にせず一杯やろうや」と言わんばかりに恐竜が待ち構えていましたので、そんなこと忘れましょうか。


このあと再びサンダーバードに乗って、福井県内別の場所へ移動するのでした。


つづく