ダイヤ改正前最後の週末となった先週末は、金曜夜の最終の新幹線で大阪入りして、羽衣支線の103系など、今回のダイヤ改正で引退する車両を見てきました。


いや、それにしても、先週金曜の、なにがなんでも最終ののぞみに間に合わせる仕事っぷりにびっくり。驚くべき速度で仕事してたみたいで、今日は先週の速度に全く追いつけずびっくり。



さてさて、今日で引退する車両たちの話。
阪和線の本線の方では、205系が引退となります。これで支線を含めて、阪和線は223系と225系に統一されます。

色々な車両が高頻度で走ってて、撮影してて飽きない路線だったんですけどね。まぁ、特急含めてJR車に統一されても、かなり多くの顔ぶれが見れますので、まだまだ飽きさせないラインナップだとは思いますが、103系がいないってのは寂しいですし、205系までもこんな早くいなくなるかぁ・・・・・・。

なお、205系は奈良の方に転属になるみたいなんで、まだまだ関西でも見れそうです。


そして関東では、
E351系スーパーあずさが引退。

今でこそE233系とかE653系とか、JR東日本の車両形式の頭にEの文字がつくことが当たり前ですが、最初にEが付いたのはこの形式から。

JR東日本唯一の制御式自然振り子式を採用した車両でもありました。



春は出会いと別れの季節。時の流れは止められないので、仕方ないことだと、古い車両が新しい車両に変わっていくのは当たり前のこと。

寂しいけれども、受け入れなければならない事実です。

どの車両もお疲れ様でした。