イメージ 1
関東盲腸線制覇第2弾は、水郡線の太田支線。

水戸と郡山を結ぶ水郡線の上菅谷から枝分かれし、常陸太田まで結ぶ支線です。2005年までは常陸太田駅のすぐ近くに日立電鉄の常北太田駅があったそうですが、残念ながら廃止されて完全な盲腸線になっています。


今回も元はドライブ目的でして、
イメージ 2
大子にある袋田の滝からスタート。一応水郡線沿線の名所になりますが、なかなか公共交通機関のみで訪れるのは難しい場所じゃないかと思います。

イメージ 3
この日は比較的気温が高かったため、氷瀑は溶けだしていましたが、前日までは完全凍結するんじゃないかというぐらいほぼほぼ凍ってたらしいです。


イメージ 4
滝からちょっと下った所。たぶんこういう景色を見てたから、翌日に日帰り弾丸新潟旅行に行っちゃったんだと思う。

そんで帰りがけに常陸太田駅へ。

イメージ 5
最近建てられたのでしょうか?かなり綺麗な駅舎でした。

イメージ 6
駅前ロータリー内にある駐車場が無料で止められるなんてすばらしいですね。そういえば万座・鹿沢口もこんな感じでした。

車社会の地域で鉄道利用を促そうとするには、こういう選択肢にしかならないんですね。あまり利用されていないのが残念です。


イメージ 7
みどりの窓口があるうえ、Suicaにも対応している常陸太田。

イメージ 8
ちゃっかり駅構内に喫煙所があってびっくり。Suica導入エリアに入れたのに、禁煙エリアには入れなかったのね。

イメージ 9
で、初めてキハE130形に乗って、本線と合流する上菅谷へ。本線の方を制覇したのは12年ぐらい前。あの時はキハ110しかいませんでしたから、こんな真新しい車両に乗ったことなかったんです。


イメージ 10
わりとすぐに上菅谷に到着。奥久慈清流ラインという愛称、久しぶりに聞きましたよ。

イメージ 11
上菅谷では水戸行きと常陸大宮行きと接続してました。2面3線をフル活用した、お見事な接続でした。


私はどちらにも乗らず、先ほどの折り返し列車に乗って
イメージ 12
常陸太田に戻りました。