イメージ 1
西宮北口に到着。

ここは涼宮ハルヒの憂鬱の舞台の一つとなっています。


元々アニメは全然見ないんですが、2年ぐらい前にCR涼宮ハルヒの憂鬱って台を打ったら割りと相性よくて、その勢いで昨年末にパチスロ涼宮ハルヒの憂鬱を打ったら万枚近く噴き出して、いったいハルヒとは何なんだろうと思いまして、正月当たりから仕事終わりにアニメの方を見てましたらこれまたはまっちゃって。


んで、次関西に行くときは、SOS団がよく訪れるカフェぐらい行こうと思ってたんですが、残念ながらモデルとなったカフェは移転しました。

イメージ 2
なので、移転先に来てみました。


イメージ 3
店先にはみくるもおります。

そういえば以前、とある女性とミクル派か長門派でかなり揉めたことがあったんですが、断然私は長門派だということを公言しておきましょうか。


小腹が空いたのでサンドイッチをいただきました。そしてコーヒーで一服。

チェーン店じゃないカフェでこういうゆっくりとしたひと時を過ごすなんて生まれて初めてかも。



あ、先ほど長門派を公言した私ですが、
しっかりクリームソーダも追加注文しました。さすがに飲みすぎでした。腹たっぽんたっぽんです。


ゆっくりしすぎて次の予定を忘れるところでしたが、次の予定は時間がちゃんと決まってるので、そろそろそちらに向かいましょう。

イメージ 4
アニメだとこんな感じのアングルで描かれてたような。なんせ見まくったの半年前なんでね、記憶あいまいですよ。

イメージ 5
西宮北口17:10発→今津17:13着 阪急今津線各駅停車 6000系

甲陽園とかあっちの方にも行きたいんですが、時間がないので今回はパス。今津線で阪神電車の方に向かいます。


イメージ 6
電車を待つ間に反対側の通過電車でも撮ってみたけど、知ってたさ、側面逆光。


イメージ 7
今津17:22発→甲子園17:24着 阪神本線各駅停車 5500系


阪神電車で甲子園へ。甲子園で降りたら行くとこってここしかないですよね。

イメージ 8
はい、高校野球の聖地阪神甲子園球場です。随分蔦も伸びてきましたね。

ちなみにハルヒが自分がちっぽけな存在と気づいたのもおそらくここ。ある意味聖地巡礼です。

イメージ 9
何度か甲子園には訪れていますが、ナイターは初めてでした。そんでもって阪神戦も初めて。

イメージ 10
こうね、355度ぐらい真っ黄色。残りの5度の方にいるのが私。ビジター魂が騒ぎますね(笑)

一度でいいから阪神ファンに囲まれた状態で応援してみたかったので、念願叶いましたよ。


ま、試合はさておき(負けたんでね)、旅行でも続けましょうか。


イメージ 11
甲子園→高速神戸 阪神本線特急 8000系

試合おわったら、昨日と同じカプセルホテルに戻る予定だったんですが、どうせ梅田方面混んでるし、いったん三宮方面に逃げようと思っていたんですけどね。

ちょうどタイミングが悪く、間隔空いた後の特急だったので車内大混雑。埼京線通学時代を思い出す混雑っぷり、途中で誰も下りなく体勢すら立て直せないままだったんで、途中で折り返すことを諦め神戸市内までやってきました。

イメージ 12
せっかくなんで夜景でも見てみますか。

イメージ 13
この塔(?)、ハルヒで出てくるんですよね。おそらく谷口がふられた場所。

イメージ 14
いや、それにしても夜景がきれいですね。見ててだんだんムカついてくるレベルですよ。ええ。


心が汚れた人間にこの景色は耐えきれなかったんで、居心地のいいカプセルホテルに戻ろうと思ってましたら、
イメージ 15
JR神戸駅前にて宗教勧誘されましたよ。すべてがどうでもよくなったね。

なんだあなたを救いたいって。俺そんなに死にそうな面してたか????


あと「もしよかったら○日に一緒に天理に帰りませんか?」って、わしその日仕事やし。仕事終わりに来いってか?わざわざ千葉から!?

地元民だと思ったのでしょうか。エセ関西弁が通じたということか?俺、喜んでいいのかな?

別に宗教を否定しませんが、赤の他人まで誘わなくていいじゃない。


イメージ 16
神戸と言えば東海道本線の終着であり、山陽本線の起点でもあります。今は神戸駅止まりも始発もありませんがね。
このキロポストは以前撮ってるんですが、9年前に撮った画像がブレブレだったので、今回取り直させていただきました。あれ以来神戸駅で降りたことなかったしね。


イメージ 17
神戸22:33発→大阪22:58着 神戸線新快速 223系2000番代

予想外に神戸駅前で時間をとられたので、結構遅い時間になってしまいました。まぁ、おかげで車内はガラガラ、快適な転換クロスシート旅を満喫できましたが。


あとは御堂筋線でなんばに向かうだけなんですが、ちょっと見たことないものを見つけてしまい、また時間を食ってしまうのでした。

つづく。