イメージ 1
先日御徒町で山手線の撮影をしたばかりですが、今日も山手線をちょろっと撮影。

E235系を撮りたかったので、リベンジという形になりますが、なんと今日のデータイムもE235系は内回りの運用のみ!

あれか、E235系は内回り限定なのか。


んなわけないですね。

今回は事前に内回りでしか走っていない情報を知ってから撮影地に向かったので、今回は内回りが順光になるポイントに向かうのかと思いきや、普通にこの前と同じ御徒町。


イメージ 2
完全に逆光ですが強行します。これ以上ないってレベルで完璧に逆光ですよ。


イメージ 3
練習がてらE231系を撮るも、完全に構図ミス。半分以上後ろ切れちゃってるし。この直前に外回りが発車して被りかけたので、構図決めてる暇がなかったというのもありますが、E235の時は被らないでくれよ・・・・・・。

イメージ 4
被りはしなかったが、結局ケツが切れるという痛恨のミス。まぁ2~3本後にまたE235系来るみたいだし、別にいいか。

イメージ 5
季節ごとに変わる最後尾のLED。発車後は行先ではなく、こういった遊び心のある表示をしてくれます。梅雨らしいアジサイですね。ところで今って本当に梅雨?


次のE235系を待っているとき、4番線を京浜東北線の南行が通過。平日のこの時間は快速通過ですからね。んでなぜかその1~2分後にまた通過のアナウンス。

明らかに運行間隔がおかしいですよね。てっきり遅延でも始まったのかと思ってたんですが、
イメージ 6
なんかこういう現象が起きました。

すごいわかりにくいですが、右が普通の山手線外回り。左が京浜東北線の線路を走行する本来山手線用のE231系500番代の試運転。

イメージ 7
無理やり2本の最後尾を収めてみたが、なんか大崎から車庫の方ズームしてみたような画像になってしまいましたね。気が付くのが遅すぎました。


なんの試運転か詳しくはわかりませんが、どうやらこの時期毎年恒例らしいです。知らんかった。

イメージ 8
気を取り直して、相変わらず逆光の内回りを撮影。


イメージ 9
データイムでも高頻度運転の山手線。被り率も高めですね。そんでスカート汚いなお前。

イメージ 10
そしてE235系。やはり新時代感が漂ってきますね。ただ欲を言えば、この角度からだと、この車両の特徴である側面の塗装が全くわからないので、できれば外回り運用の時にあの構図で撮りたい・・・・・・。こりゃまた行かなきゃだな。



撮影はここで終了なんですが、今日は一つ気になった点がありまして・・・・・・。

最後のE235系を撮るちょっと前に、同業者の方が来たんですよね。すげぇ独り言が大きかったので、私と同じくE235系を撮りたいと言うのは嫌でも伝わってきたんですが、さすがにいきなり目の前に立って撮影始めるのはどうなんでしょうか。


別にいいけどさ。こっちがちょっと下がって、その人が写り込まないようにすればいい話だし。

たださ、こういうのが原因で撮影者同士のトラブルとか起きるわけじゃないですか。よくYouTubeで「さがれぇ!」とか叫んでる動画見ますし。(例えば大宮駅とか、大宮駅とか、大宮駅とか。)


無駄なトラブル起こさない為にも、周りには気を使って撮影しましょうよ。


とか言いつつ、自分も迷惑になってるケースだってあるかもしれないんですよね。先客がいる時、一般の利用客が多い場所では、もっと周囲を気にして撮影しようと改めて思った一幕でした。



あともちろんですが、
イメージ 11

安全運行を妨げる行為も絶対にやめましょう。