大阪市営地下鉄が来年度から民営化されるのに先立ち、準備会社として6月1日から大阪市高速電気軌道株式会社が設立されることになりました。

近年設立された鉄道会社は、ひらがなやカタカナを駆使した企業名を使用することが多いですが、鉄道事業などを引き継いだ後も、「大阪市高速電気軌道」という名称でいくとのこと。


その代わりに、愛称やロゴはまた別に決められるみたいです。

東京メトロって呼ばれてるし、そうアナウンスしているけど、法人名は東京地下鉄。そういった感じですね。



民営化されて、何か変わるのかと言われると、おそらく普通に乗るだけであれば、実感できる違いが出てくるのって数年先とかになるんでしょうが、唯一すぐに変わるのが、「交通局では~」から始まる自動放送でしょうか。


というか自動放送類も下手すりゃ全部変わるのかな。営団がメトロになったときにも変わりましたし。

あの放送を聞くと、大阪に来たと感じるんですけどね。来年度からは、また別の声が大阪へ来たことを実感させてくれるのでしょうか。(声優被って関東の私鉄と変わらないってパターンも多いですけどね。)