昨日でJRが発足30周年を迎えましたが、その他の鉄道会社でも30周年を迎えようとしている会社がたくさんあります。

というのも、JRというのは国鉄が分割民営化されて発足したものでして、そもそも国鉄というのが民営化されたのは膨大な額の赤字を抱え込んで、経営の合理化のためであるわけです。

国鉄末期から赤字ローカル線の廃止が始まり、一部は第三セクターの会社に移管されました。


今でこそ第三セクター化と言えば、新幹線が開業した際に、並行在来線を経営移管することの印象が強いですが、国鉄分割民営化前後は赤字ローカル線を廃止して、第三セクター方式の会社が新たに運営することが多かったのです。



そんなわけでございまして、地方の第三セクター方式の鉄道会社は、あと2~3年以内に30周年を迎える会社がたくさんあります。

今年だけでも会津鉄道に天竜浜名湖鉄道、伊勢鉄道、信楽高原鉄道、若桜鉄道に錦川鉄道と、6社もあるわけです。(JRから転換した会社のみです。抜けや他にも存在していたらすみません。)



本来廃止されるはずだった路線が、地元自治体などの力で現在も存在する路線たち。

JR同士の経営比較などがされていますが、こうしたJRから切り離されて頑張っている地方の鉄道にも、ぜひメディアなんかはスポットを当てていただきたいものです。そこからJR北海道や四国の経営改善策が見つかるかもしれませんからね。