JRグループが発足してから、今日で30年です。

JR誕生20周年だーって言って、青春18きっぷが8000円で発売されたのが、わりと最近のような気もしますが、あれからもう10年経っているんですよ。

元々莫大な負債を抱えた国鉄を、分割民営化して誕生したのがJRなんですが、ドル箱路線を持つ本州3社に対して、三島会社や貨物の財政は思わしくないもので。

その辺の光と影みたいな話題で持ちきりですが、私としてはそういう話題はJR北海道のトラブル絡みで散々聞いたり言ったりしてきたので別の話題を。


JR30周年の記念日となった今日、なんと金沢駅が進化しました!

北陸新幹線が金沢に到達する前の改札は、
なんと自動改札が導入されておらず、有人改札だったんですが、2年前の新幹線開業と同時に、ついに金沢駅でも自動改札機が導入されたんですが、

在来線は有人改札のままでした。

そんな金沢駅ですが、なんと今日から、在来線にも自動改札機が導入されました!


しかも15日からICOCAが使えますよ。びっくりするぐらいの進化ですよ!(特にJR30周年とは関係ないが)



以上、金沢駅のここ数年間の進歩ぶりに、実はエイプリルフールネタなんじゃないかと疑った超特快でした。