イメージ 1
国鉄40系。鉄博ができるちょっと前から、大宮総合車両センターで留置されていたんですが、最初高崎線の車窓からこいつを目撃した時は驚きましたよ。

イメージ 2
キハ04形だったかな。スカ色みたいなカラーリングですね。

イメージ 3
101系。そういえば秩父鉄道で走っていた元101系の車両は、最後は国鉄色を纏って走っていましたね。見に行けばよかった。

イメージ 4
東北・上越新幹線と言えばこやつ、200系。リニューアルされてない200系を最後に見たのも、もう10年前の話になるんですね。

これは最後のイベントかなんかで、燕三条で撮ったんですが、この日はほんと大変で。

春休み期間中で、青春18きっぷを使って在来線で燕三条までやってきたんですけど、来る途中で能登地震が発生しまして、新潟県内も一部地域ではそこそこ大きく揺れまして。ただでさえ鈍行でゆっくり来てるってのに、徐行運転ですよ。またその徐行運転区間が長いこと長いこと。電車が止まらなくて、というか地震の被害にあうことはなかったのでそこは幸いでしたが、なんつーか自然って怖いと思った中1の春休みの出来事でしたよ。



ところで、展示車両の方は連結器が出ていますが、この姿は初めて見ました。この車両が400系とかE3系と連結していたんですよね。今じゃ考えられないような組み合わせです。というか200系併結のやまびこ+こまちって、新幹線区間でも最高速度が240㎞/hに抑えられてしまうわけですが、いったい秋田までどんだけ時間かかってたんだろ。