イメージ 1
フェンス越しの画像で申し訳ないですが、東武500系リバティのデビューが4月21日に決定しました!

ダイヤ改正が3月ではなく4月というのは違和感ありまくりですが、特急関連しか変更無さそうなので、JR などに会わせる必要もなかったのでしょう。


さてさて、特急リバティに関しての概要は以前発表されてましたし、ダイヤに関しても大きな疑問点などはなさそうなんですが、びっくりしたのはリバティで運転されるライナー。

うん、せんげん台止まるのね。まさかのせんげん台。乗降客数考えたら不思議じゃないんですが、だったら新越谷も止まってもいいような。


そしてもっとびっくりなのが大宮行きアーバンパークライナー。

七里、大和田、大宮公園、北大宮は、昨春から運行開始した急行と同じく通過するみたいなのですが、八木崎、豊春、東岩槻は停車するみたいです。

沿線民じゃなきゃわからないような駅名ばかりですみません。ちょっと予想外だったもんで。せんげん台から先は運賃のみで利用可能なので、初乗車は春日部~八木崎で決まりだな。うん。(乗車時間2分弱)


ちなみに大宮発のアーバンパークライナーは、この3駅を通過するっぽいので注意してください。

いや待てよ。プレス見た感じ、大宮発は岩槻通過みたいです。春日部までノンストップ。これは完全に清水公園への所要時間短縮ですね。4月以降、アーバンパークライナーで大宮から⚪⚪分という不動産広告には注意してくださいね。平日夜の一本しか設定されてない列車ですから...。




小田急ロマンスカーでいうところのEXEのようなポジションとなる東武特急リバティ。果たして定着するのでしょうか。

特急運用はそれほど心配なことはありませんが、如何せん本線系統では通勤ライナー的なものは初ですから、元春日部市民の私としては嬉しい反面、春日部市民とせんげん台周辺の越谷市民じゃないと割りとどうでもいい話ではないかと。成功してくれるといいんだけどなぁ。