JR東日本が来年から運行する超豪華クルーズトレイン「TRAIN  SUITE  四季島」が、先日報道陣に公開されまして、それと同時に四季島の運行に会わせて上野駅を整備することを発表しました。


四季島は上野駅の13番線から発着するみたいですが、四季島専用の「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」を新設するそうです。

これがハリーポッターであれば、13番線と14番線の間の柱に特攻しなければなりませんが、上野駅ではその必要はなし。

上野駅13番線に止まるリゾートしらかみと、14番線に止まるE231系の間にスペースがあります。

このスペースは元々小荷物用のホームだったようで、これを改装して専用のホームにするのだとか。



ただ、さすがに本来は乗客が利用しないホームであったため、ちょっと狭いんですよね。まさか超豪華のお客様を、こんな狭いところでお待たせするわけありません。

専用ラウンジ「プロローグ四季島」を用意します!



なお、プロローグ四季島が設置されるのは、レイアウトを見る限り、上野駅13番線の以前トイレだった場所なんですよね。


上野駅13番線...トイレ...はってん...

あ、いえいえ、健全な青少年もこのページを訪れているかもしれないんで、これ以上は自主規制します(笑)


しっかし上野駅で負の場所だったあそこを、そういう場所にするとは、なかなかやるなぁ。