昨日で北海道新幹線の新函館北斗開業から半年経ったそうで。

この半年間の利用者状況が発表されたそうですが、予想を上回る利用実績だったようです。


1日平均7800人の利用があり、乗車率の平均は39%と、当初の予想26%を大きく上回ってます。(北海道新聞、参照


東京から新函館北斗までの所要時間が4時間を超えることや、新函館北斗から函館市内に行くためには乗り換えが必要であったりするなど、ちょっとデメリットの多い今回の開業であったため、開業前から苦戦が予想されていましたが、開業効果や青森県・函館DCなどの効果もあってか、ここまでは好調な滑り出し。

今後は如何にリピーターを増やせるか、そしてこれから迎える厳冬としっかり戦えるのかというところでしょうか。



私もそろそろ初乗車ができそうな感じです。まだ未定ですが。

楽しみではありますが、4時間以上も乗りっぱなしかぁ。そりゃ広島の時も4時間新幹線乗ってるけど、あっちは喫煙ルームあるからなぁ。やっぱ何かひねりを入れるべきかな。