※さすがにTGVの画像は持ってないので、TGVと同じく営業最高速度320㎞/hを誇るE5系+E6系の画像で代用。


14日、フランス北東部のストラスブール近郊で、TGVが脱線する事故があり、5人が死亡したそうです。

現地時間13日にパリで同時多発テロがあったばかりでの脱線事故。一瞬不安が過りましたが、原因は速度超過とみられており、テロとの関連は無さそうです。


また、事故を起こした車両は試運転中で、技術者を乗せて走行していたとのこと。別のニュースには未開通区間とも書いてあったので、おそらく来年開業予定のLGV東ヨーロッパ線延伸区間ではないかと思われます。


このLGV東ヨーロッパ線、設計上の最高速度は350㎞/hで、このために他のLGVよりも線形が良いのだとか。

そのため、現在開通している区間の開業前にはTGVの速度試験が行われ、鉄車輪での最高速度574.8㎞/hという記録はこの路線で生まれたようです。もしかすると、今回も線形の良い区間で最高速度にチャレンジをしていたのだろうか?


首都パリのテロ事件のニュースに埋もれ、この事故がうやむやになってしまいそうですが、原因究明と再発防止がしっかり行われることを願います。