先日、留萌線の廃止を検討していることが表面化したJR北海道。他の路線も廃止を検討しなければいけない可能性がでてきました。

なんでもJR北海道の経営を監視している第三者委員会に、乗客が少ない7路線8区間の存在を指摘されちゃったみたいで。

7路線8区間については北海道新聞を見ていただければわかりますが、現在不通となっている日高本線や、日本最北端の駅稚内がある宗谷本線、最東端東根室のある根室本線も含まれております。

確かに納得のいく路線ではあるんですよね。

ある程度の本数、地域間特急が走っていないとかなりやばいといった感じでしょうか。


ましてや日高本線は災害復旧工事が必要なわけで。こんだけ利用客少ないのにどこから金出すんだと。



トラブル続出でイメージのかなり悪いJR北海道ですが、こんな状況じゃ多少無茶なスピードアップや、無謀な点検無視とかしちゃうかも。経営のためには、ある程度の廃止は仕方ないと覚悟を決めた方がいいかもしれません。