山形新幹線。

新幹線とは名前だけで、東京~福島間は東北新幹線の線路を走行し、福島~山形~新庄間は在来線である奥羽本線の線路を走る、新在直通特急の通称であります。

ミニ新幹線と言われることもありますね。

とにかく山形新幹線は新幹線ではないわけですよ。在来線区間では最高速度も130㎞/hですし。


ミニ新幹線を採用することで、フル規格の新幹線を建設するより、既存路線を改軌し、それに付随する工事だけで済みますから、格段に建設費が安くなりますし、フル規格で作るとなれば予算の面など整備新幹線が優先されるでしょうから、コストが高いだけでなくいつ完成できるかわからない状態だったでしょう。


結論から言うと山形新幹線は所要時間こそフル規格よりかかることになったものの、建設コストを大幅に抑えられ、早期開業を実現し、首都圏から山形方面への鉄道のシェアを伸ばすことに成功しました。



知事の「フル規格新幹線が通った都市が発展している」という発言には納得します。

しかしねぇ、奥羽新幹線はともかく、羽越新幹線まで持ち上げるのはどうなんだい?

そういえば山形、
山形新幹線を大曲まで延伸させようとしている団体もあったけ。

大曲延伸もかなり無謀だと思ったんですが、知事の発言よりは随分まともな意見だと思っちゃいましたよ。


もともと公約に掲げていたみたいですが、もう少し現実味のあるお話を……ねぇ。