旭川市内の宗谷本線の高架橋に、ドローンが落下しているのが見つかったそうです。

ドローンを操縦していたのは、市内に住む30代の男性だそうで、操作ミスにより落下してしまったそうです。


悪意はなさそうですし、列車の運行に影響はなかったようですが、一歩間違えればという感じはありますよね。この一件で北海道県警は、列車往来危険の疑いもあるとみて、任意で事情聴取をしているみたいです。


今、色々と話題のドローン。

今までより手軽に空撮ができますし、今までになかったアングルでの撮影もできますからね。期待はされているんでしょうが、一般人が扱うにはちょっとリスクが大きいような。

悪意のある事件をメディアは多く取り上げていますが、ちょっとした操作ミスで落下してしまい、今回のように事故に繋がりかねないケースもかなりあると思います。

ドローンがダメだとは思いませんが、気軽な気持ちで操縦してほしくないですね。