今年度の設備投資費用は328億円と、昨年より6億円増えていますが、内容はほとんど昨年度の延長のものがほとんどです。

目玉は新型特急500系の新造でしょうが、こちらはつい先日に発表されたばかりですし、特に新たな情報は無し。


他に新造される電車は、アーバンパークラインの60000系。

2012年度から毎年2→6→8編成と増備されてきましたが、今年度は2本を導入するそうです。あれ?ペース落ちすぎじゃ・・・・・・。

この2本の投入で、アーバンパークラインの43%が60000系となり、比率は8000系と同じになります。いったいいつになったら8000系は引退できるのか……。



個人的に楽しみにしているのは、アーバンパークラインの急行運転について。

昨年発表された大宮~春日部間での急行運転。運行開始は来年の春を予定していますが、もう少し詳しいことが書かれているのではないかと期待していたんですが、今年度も踏切制御回路の改修を行い、今年は曲線の改良を行うことしか書いてありませんでした。やっぱり詳細は年末か年明けぐらいになるのかな。