富山13:54発→猪谷14:51着 高山本線普通 キハ120形

ここから未乗路線、高山本線に乗車します。

イメージ 1
列車は2両編成で、前と後ろでカラーリングが異なります。この車両は、もともと山陰とか美祢線で走っていた車両みたいです。


んで、私、富山駅で駅弁を購入しましてね。

高山本線って乗るの初めてだし、久しぶりの非電化路線ですから、車窓を楽しみながらゆっくり食事をって考えていたんですよ。

でもキハ120形、ロングシートなんだよね。

しかも修了式直前のタイミングで、昼過ぎの列車。高校生で満員なんだよね。

旅情もクソもありません。生活感満載です。でもあれだけの利用客がいるんだから、やっぱりロングシートの方がいいんだろうなぁ。


とりあえずこの列車で飯を食うのは諦め、途中で高校生が降りてからは、ロングシートの端の席に座って爆睡。


そして乗客がほとんどいなくなった頃、
イメージ 2
終点の猪谷に到着。駅舎がすごい味を出しています。

イメージ 3
猪谷15:08発→高山16:16着 高山本線普通 キハ40系

ここからJR東海の管轄となります。車両はTheローカル線気動車とも言えるキハ40系。

この車両はクロスシートですので、
イメージ 4
ここで昼飯とさせていただきます。「ぶりのすし(小箱)」
ますのすしは、駅弁フェアとかで全国各地で食べることが可能ですから、あえてブリをチョイスしました。

イメージ 5
笹が乗っています。

イメージ 6
笹を取るとこんな感じ。

ますのすしは酢飯の上に鱒が乗っているだけですが、ぶりのすしは人参とかカブとか色々乗っかっています。


あらかじめ切込みが入っていて食べやすく、そしてクロスシートのローカル線で食す。久しぶりに旅って感じが出ましたね。

んで、肝心の車窓ですが、
イメージ 7
本来なら結構良いんでしょうけど、如何せん悪天候なうえ、異常に川が荒れている。

金沢もそうだったんですが、この日の北陸地方の川は、すべてかなりの濁り、そして激流。


イメージ 8
濁った川と、取り残された雪。

イメージ 9
かなり線路際まで水が迫っています。そこそこ恐怖心が芽生えます。

イメージ 10
しだいに景色が開けてきました。目的地はもうすぐです。


イメージ 11
今回第2の目的地に到着です。



つづく