3月のダイヤ改正で、東海道新幹線の最高速度が285㎞/hに引き上げられるのに先立ち、一足早く東海道新幹線285㎞/hを体験できる試乗列車の運行が行われたそうです。

山陽じゃ300㎞/h、東北じゃ320㎞/hも出しているような時代で、日本の大動脈であり、最大の利用者数を誇る東海道新幹線が今さらスピードアップ、それも他路線より遅い285㎞/hというのも変な感じですが、一番最初に作られた区間であり、線形も悪いため、むしろ270㎞/hから15㎞/h引き上げるだけでも、車両の改良などお金と技術が必要だったんですよね。


こうやってJR東海が頑張ってスピードアップを図ったわけですが、いったい整備新幹線はどうなってんだと。

設計上速度向上が難しかった東海道新幹線に対し、整備新幹線は線形上速度アップは容易でしょうし、必要になるのは信号設備や騒音対策ぐらいなんでしょうけど、いつまでたっても260㎞/h。東北新幹線なんて盛岡まで320㎞/hで走っているのに、それより先に行くと突如最速260㎞/hに大幅ダウン。

もちろん、安全走行のため、既存施設の再調査なども必要になりますし、容易という表現は誤りだと思いますが、やはり東海道新幹線に比べたら容易だと思うんですけどね。


JRはスピードアップで鉄道運輸機構が線路使用料を上げるのではないかと警戒し、機構側は国が260㎞/hって言ったから……と上下から板挟みにされている状態。


なんでもかんでも早くすればいいもんでもないのかもしれませんが、出せるのに出せないこの現状はどうにかできるのではないでしょうか。