JR東日本が、京葉線と東京臨海高速鉄道りんかい線の直通運転を検討しているとかしていないとかいう記事を発見しました。(読売新聞

どうやらJR東の冨田社長と千葉県知事の森田健作さんが会談した際、富田社長から京葉線とりんかい線直通の実現可能性について、社内で様々な面で観点から検討していると、森田知事に伝えられたそうなんです。


まぁこの手の話は定期的に出ている気がするんですよね。要は実現はかなり遠いと言うのが実情でしょう。


この件に関して、千葉県側は何を思ったか、京葉線の複々線化も視野に入れているみたいです。


りんかい線と直通したところで、京葉線のラッシュ時の過密ダイヤの根本的な解決にはならないと思っているようで、そうなると複々線化が一番だという考えみたいです。

元々建設の経緯で、複々線化用の用地の多くを、千葉県が県有地として保有しているらしく、複々線化するなら快くJRに売却する意向みたいなんです。


千葉県がやる気満々でも、JRは絶対やらないと思いますけどね。

さすがに人口減少期に突入している現状で、複々線化などで莫大な投資をしてまで混雑緩和はしないでしょう。

京葉線沿線の人口予想まではさすがに調べてませんが、仮に上昇傾向であろうと、今の日本はいつか減少期が訪れるわけで、さすがにそこまでの投資をするとは思えません。


森田健作知事は、時折交通に関してぶっ飛んだことを言いますので、またいつものあれが始まったと思えばいいのでしょうが、とりあえずりんかい線と直通するにしても、とりあえず京葉線から新宿へのライナーとかそこから始めるのが限界じゃないでしょうかね。東京都が保有する東京臨海高速鉄道株をJR東日本に売却して、JR東日本の子会社化して運賃関連を思いっきり改正すれば普通列車も毎時数本程度走らせても大丈夫そうですが。