JR東日本仙台支社が、仙石線の全線運転再開を5月30日と決定し、同日から仙石東北ラインの開業を発表しました。

これに伴いまして、運賃体系が変わります。

まず仙石線の復旧関連ですが、東名、野蒜の両駅が内陸移転での開業となり、陸前大塚~陸前小野駅間の営業キロが1.2㎞短縮されます。


また、東北本線の塩釜~松島の駅間から、仙石線の松島海岸~高城町の駅間を新設された0.3㎞の連絡線で結び、これを経由して東北本線の仙台駅から仙石線の石巻まで直通運転する仙石東北ラインですが、運賃計算上は松島~高城町間に0.3㎞の路線が新設される扱いとなります。

よって、仙台~高城町間は仙石東北ライン経由で、仙台~松島間23.4㎞と松島~高城町の0.3㎞を足した23.7㎞が営業キロとなります。現行の仙石線経由よりも1.3㎞ほど短くなりますので、先述の陸前大塚~陸前小野の営業距離短縮も含め、従来より運賃が安くなる駅間がでてくるようです。


仙台以南から高城町以北に向かう場合、2つのルートが発生し、仙台近郊区間内のため普通乗車券ならどちらを経由しても問題ありませんが、定期券はどうなるのか。

一応乗車経路通りの発売となるようですが、途中で下車しなければもう一方のルートを利用してもいいとのこと。
ただし指定された経路以外で途中下車した場合、定期券外区間の運賃を請求されます。ご注意ください。



なお、仙石線の運転再開と、仙石東北ラインの開業は5月30日ですが、運賃の変更は3月14日のダイヤ改正に合わせて行われるとのことです。

例外として、定期券や中長距離切符などは、経路通りに販売しなければならないので、開業前の発売はないとのこと。



たった0.3㎞新設しただけの新ルート。しかし、一部で運賃が安くなるという意外な副産物を残していきましたね。しかも定期券ですらどっちを利用してもいいなんて、仙石線高城町以北の利用者的にはメリットが大きいのかも。

あとはダイヤが問題ですよね。一番重要です。それ次第で仙石東北ラインの評価が大きく変わります。

ダイヤの発表はもう少し後になるみたいです。