現在も不通となっている山田線の釜石~宮古間ですが、以前からJR東日本が鉄路で復旧させ、鉄道施設を地元自治体に無償譲渡し、列車の運行は三陸鉄道が行うプランを出していましたが、ついに三鉄と自治体がこれを受け入れたそうです。(河北新報など
 
 
JR的にはリスクの高い鉄路での復旧をする気はなかったですし、地元は何が何でも鉄路が良いみたいな感じでしたから、これでよかったんではないでしょうか。
 
これで南北2つの路線が分離していた三鉄も、一体の運行ができるわけですし。
 
ましてや復旧工事はJRがやってくれるし、多少なりとも赤字補てんをしてくれるみたいですから、なんだかんだで一番良い策じゃないでしょうか。
 
 
河北新報の別の記事には、JR東日本の冨田社長が『「どういう形で地域の足を守るか、地元と議論して出した結論だ。本音の話し合いが大事だ」と強調した。その上で「他の路線でも話し合いをしていかなければならない」と述べた。』と書いてありましたので、今後もこういう動きがありそうです。特に大船渡線のBRT仮復旧区間は、このような話し合いが行われそうです。
 
 
震災直後、JR東日本は被災路線を全て復旧させると言いました。
 
この件に関して、あの発言はうそだったのかという声があるかもしれません。
 
 
しかし、復旧をするのはあくまでもJR東日本です。運営が第三セクターでもいいじゃないですか。
 
むしろ、地域密着型の運行を目指すなら、JR任せではなく、自治体が力を合わせた方が、柔軟な運行が可能になると思います。JR東日本にとっては、数多くある自社路線のうちの一つですが、第三セクターにとってはその路線が経営基盤になるわけですからね。
 
 
JRがやるのか、地元自治体がやるのか。鉄道の復旧が復興のカギになると考えているのであれば、なおさら検討が必要だと思います。