昨年10月、国土交通省がJR北海道のレール異常放置270ヵ所を指摘しましたが、これ以外にも昨年度に異常放置が本線と副本線だけで5か所、そもそも検査をしていなかったのが6か所存在していたそうです。(毎日新聞
 
側線を含めると、その数は300にも及ぶということです。
 
他にも記録が不十分で何の検査をしたのかわからないもの、検査はしたんだけど項目の一部しかやらなかったものなど、基本的に弛んでると思われても仕方ないようなのも103ヵ所もあったとか。
 
 
さらにこの問題はJR北海道だけでなく、
JR四国でも発覚したようです。
 
検査未実施と異常放置が20か所、検査項目の一部しか行わなかった手抜きが309ヵ所。
 
 
去年あれだけ問題になったというのに、まだそんなに見つかるって、いったいどうなっているんだと思わなくもないですが、これは昨年度の話ですからね。さすがに今年度はまともになっていることでしょう。まともにならなきゃまずいんだけどね。