通勤ラッシュ。誰でも嫌なものですよね。座りたくても座れない。
 
中にはどうしても座りたいがために、降車が済んでいないにも関わらず、我先にと車内に急ぐマナー違反な人もいますが、これはまだマシな方で、中には目的地と反対行きの列車に乗り、手前の駅や始発駅などに行って確実に座ろうとする方もいるようで。
 
別に反対側の列車に乗ろうと、正規の乗車券を持っていればなんの問題もないんです。しかし、多くの方が出発駅Aから目的地Bまでの乗車券のみを所持し、出発駅Aから手前の駅Xまでの往復の乗車券は持っておりませんし、精算などの処理をせずに、そのまま折り返すようです。
 
この不正乗車を撲滅するキャンペーンを始めたのがみなとみらい線を運行する横浜高速鉄道。
https://livedoor.blogimg.jp/jre231train/imgs/6/8/680c3a73.jpg
横浜駅から東横線で渋谷方面を目指す乗客のうち、一部の方は反対側のみなとみらい・元町中華街方面の列車に乗って折返し乗車をしているそうです。
 
ここでなにが問題かって、横浜から渋谷に行く東横線は東急ですが、横浜から元町中華街方面に行くみなとみらい線は横浜高速鉄道。
 
つまり横浜駅から東横線渋谷方面を目指すものの、みなとみらい線を利用した不正乗車をする者は、横浜高速鉄道に一銭も払わず乗ってやがるということ。そりゃ大問題ですわ。会社も本格的に撲滅に乗り出すわけだ。
 
 
ところで、折返し乗車をするということは、わざわざ手前の駅に行ってまた同じルートを通って目的地に向かうわけですが、そんな時間のロスが可能なほど余裕があるなら、混雑時を避けるとか比較的空いてる各駅停車を利用するとか、わざわざ不正をしなくても対処できそうな気がするんですけどね。
 
なお、いつも時間にギリギリの私は、正規乗車はもちろんのこと、殺人的混雑の通勤快速に押し込まれています。はい。