東京と新大阪を結ぶ東海道新幹線が、本日10月1日で50周年を迎えました。
 
日本の大動脈を半世紀も支えている東海道新幹線。
 
 
せっかくですので、東海道新幹線を支えてきた車両でも公開しますか。(ネタもないですしね)
 
まずは初代新幹線0系から。
博物館での写真しかありませんが、一応走っている姿も見たことあります。14年前の博多で・・・・・・。当時は6両編成とかもありました。
 
50年前の開業時は12両編成だったそうで、大阪万博の時に最大16両となり、その後東海道から引退した後は山陽で4両編成とかもありましたね・・・・・・。
 
団子鼻のこのスタイルは、現在の新幹線にはない可愛らしさが兼ね備えられています。
 
 
次に投入されたのが100系新幹線。
 
 
2階建て新幹線と言えば、Maxではなくこっちでしたね。
 
 
次は300系。
初代「のぞみ」でもあります。この車両から最高速度が270㎞/hとなり、東京~新大阪間を最速2時間30分で結ぶようになりました。引退から2年半も経つのか……。
 
500系
当時世界最速の最高速度300㎞/hで運転していましたが、それは山陽新幹線の話。東海道新幹線内は最速270㎞/hで変わらず。さらに300㎞/hのためにロングノーズとなり、先頭の座席数が減ったり、丸みを帯びた車体のためちょっと狭かったりと、欠点が多かったために、早々東海道新幹線から去った車両でもあります。
 
しかし、初めて東京~博多を乗ったときも500系でしたし、東海道・山陽では一番好きな新幹線でしたね。今年の春、偶然乗れた時はうれしかったです。
 
 
そして700系。
通称カモノハシ。どうしてだろう。特に印象が無い。そういえば乗った記憶もないかも。
 
最後はN700系
多分一番乗った回数の多い車両ですね。今年だけですでに6回乗ってるよ・・・・・・。
 
東海道新幹線内の最高速度は相変わらずの270㎞/hですが、車体傾向装置のおかげて東京~新大阪間を5分短縮しました。
 
さらに来年春から、東海道新幹線内でも285㎞/h運転をするとか言う話も。
 
 
開業から50年。これからも東海道新幹線は進化し続けていくんですね。