北海道新幹線開業に向けて、津軽海峡線の一部区間で検査や試験を行う関係から、列車の運行を行わない時間帯を拡大するため、寝台特急が運休になったり、時間が変更になるという話は前から出ていたんですが、それに関して22日にJR北海道から発表がありました。
 
結論から言いますと、寝台特急「北斗星」は年末年始運休となります。
 
繁盛期に運休とは、なかなかの暴挙。
 
カシオペアとトワイライトは年末年始の運転は元々無いみたいなので、この期間JR北海道から一時的に寝台が消えるんですね。
 
 
客車寝台が消えるのも、もう秒読みなんだなと感じさせられますね。