東北本線のワンマン列車で、誤って運賃表に増税後の運賃を表示するトラブルがあったそうです。
 
このため、最大で60円ほど運賃の過徴収があった可能性があるとか。取られ過ぎた可能性があるかたは、仙台支社に問い合わせてくれとのこと。
 
 
どうやら運賃表のカレンダー設定のミスが原因だそうですね。2014年なので14とするべきところを、平成26年の26と設定したため、機械が増税後の2026年だと判断したためだとか。
 
 
増税関連のトラブルは、4月に入ってからもありそうですね。
特に鉄道運賃は4月から複雑になりますからね。どうなってるんだ!という客が増えて、駅員の仕事が増えそうな気がしますね(苦笑)
その他も設定ミス系のトラブルはどこかしらで起きることでしょう。
 
 
消費税増税に関しては、多少は仕方ないかなと思っていたりはするんですが、来年にも第二段階の増税がありますからねぇ。またこれに対応しなければいけないなんて・・・・・・。