3月のダイヤ改正から営業運転開始となるE7系ですが、JR東日本長野支社の発表によりますと、4月19日からE7系の運用が4往復増えるそうです。
 
ダイヤ改正時の運転開始分含めて、E7系の運用はあさまの11往復となります。
 
一見少なそうな数ですが、長野新幹線の本数自体多くないですから、これは結構な数ですよ。
実際、長野新幹線の定期列車の本数は、30往復ないみたいですので、3本に1本よりも高い確率でE7系の運用ってことですからね。
 
このペースだと、金沢開業時にはE2系の出番はほとんどないかもしれないですね。先日、スノボに行くとき、E2系に乗っていったばかりなんですが、思っていた以上に長野からの撤退が早まりそうで、なんか不思議な気持ですわ。開業以来、長野新幹線と言ったらE2系でしたしね。え?E4系?それは迷列車で行こうでも見てきてくださいよ。
 
あとスノボって書いて気が付いたんですが、E7系ってデッキの荷物置き場ないんですね。板持って新幹線乗るのは結構厳しくなるかもしれませんね。これはこれで悲報かも。