祝 「はくたか」/新幹線格上げ!
 
北陸新幹線の列車名が決定しました。
結構話題性のあることですが、JR九州がななつ星のDXスイートを報道陣に公開したり、最近全国ネットで扱われるようになったJR北海道はJR北海道で快速エアポートがオーバーランするし、なんかいまいちメディアが取り扱ってない気もしますが、うちではこのニュースだけ触れます。
 
まず東京~金沢速達タイプは「かがやき」
輝く光がスピード感と明るく伸びている未来をイメージさせるためとのこと。
かがやきという列車は、過去には長岡で上越新幹線「あさひ」と連絡して、金沢まで運転していた列車と同じ名称です。
 
続きまして、同じく東京と金沢を結ぶタイプですが、かがやきよりは停車駅多いバージョン。
こちらの名前は「はくたか」
過去に上野と金沢を結んでいた特急列車の名前を受け継ぎました。
はくたかの話題は過去にも話しているんですが(この時は「雷鳥」でもいいんじゃね?という謎な結論に至りましたが)、こうなるとやはり気になるのが、
お前らまじでどうなるの?
そりゃ在来線から「はくたか」の名前が消えてもおかしくないとは思っていましたが、いざこう決まるとなると、マジで消えるんですね。でも683系なんかまだ新しいし、なんらかの形で残すのかな?
というか北越急行の先行きが本当に不安になってきたぞ・・・・・・。
 
続きまして、富山~金沢間で運行されるシャトル列車。こちらはこの前商標登録を出願した「つるぎ」だそうです。
 
そして東京~長野を結ぶタイプは
現行と同じく「あさま」だそうです。
そりゃね。今さら変える必要もないでしょう。
 
 
以上、今後は新幹線以上に北越急行が気になって仕方ない超特快でした。