まず最初に、スペイン列車脱線事故で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
 
 
日本時間の25日未明に発生した、スペインでの列車脱線事故。
 
死者は80名を超えてしまったようですね。
 
 
 
報道によって差があるものの、制限速度80㎞/hのカーブに、180㎞/hから220㎞/hで進入って、保安装置はなにもなかったんだろうか・・・・・・。
 
今回のこの事故、偶然にも防犯カメラがとらえた事故の映像が公開されてるんですよね。想像していた感じと違う脱線の仕方でした。先頭ではなく、中間が先に脱線して、それにつられて先頭も脱線と言う感じですかね。いや、先頭が脱線した衝撃で減速し、中間車が先頭を力強く押すような形になるも、客車は機関車より軽いのと遠心力が加わって外側に大きく脱線と言う感じなのか?
 
私のアホな解釈はともかく、映像があれば専門家が解析しやすいですから、今後の脱線事故防止には繋げられるんじゃないでしょうか。二度とこんな事故起こさないためにも。
 
 
しかし、脱線のメカニズムどうこうと言う話以前に、保安装置がなかったのか、あったけど作動しなかったのはよくわかりませんが、制限速度を100㎞/h前後超過して進入できる状態ってどうなんだい。