いやぁ、世の中にはいろんな人がいるようで。

とある男性、福知山線に乗っていたところ、塚口~尼崎間で乗務員室の扉を何度も叩く。
 
運転士、何事かと思い電車を緊急停車させ、乗務員室の扉を開く。
 
男性、「腹が痛い、降ろしてほしい」と訴える。
 
男性、運転士の抑止を振り切って、運転席右側のドアから飛び降り、その後走り去る・・・・・・。

どうしても我慢できなかったんでしょうか?
変なところで降りるより、尼崎まで我慢してトイレに行った方が確実ではないでしょうか?
それとも新手の不正乗車?
 
 
こんなことで電車止めるなよ。もちろん安全確認しなきゃいけないから、30分ぐらい運転見合わせてたみたいじゃん。