お久しぶりです。
 
JR東日本が、仙台と石巻を、東北本線と仙石線を経由する新ルートを作るらしいです。
 
 
作るといっても、松島から高城町に約400mの接続線を作り、仙台駅からそれを経由して石巻方面へ向かう列車を運行するってことですけどね。
 
 
これにより、所要時間が10分ほど短縮できるとか。仙石線を使うと、駅多いから時間かかるんですよね。
 
 
 
なお、東北線は交流電化、仙石線は直流電化という問題は、気動車の運行でクリアするみたいです。
電車での運行の方が、更なる時間短縮が見込めますが、費用対効果を考えれば、わざわざ金のかかる交直両用を設計段階からやるより、なんかのついでに気動車を新造するか、どこかからかき集めた方がいいんでしょうね。