北斗と函館が揉めそうですね。というかもめてるのか。
 
何かと言いますと、北海道新幹線の駅名。
 
 
函館市的には、市の玄関駅になるわけですから、「新函館駅」にしたいし、駅の所在地である北斗市は駅名に北斗の入った「北斗函館」がいいと。
 
 
この問題、北斗市もそうですが、函館市にとっては大きな問題なんですよね。
 
新幹線の駅から函館の市街地まで、かなり離れてますからね。アクセス面での問題が出てくる上、一旦は現在の渡島大野にできる新駅までですが、この先いつになるかなんてわからないものの、新幹線は札幌まで建設されます。
その時の人の流れ、新幹線のダイヤ、日本の現状等、謎な部分は多いものの、この駅は途中駅になってしまうんですよね。そうなったとき、観光客は函館をスルーしてしまうのではないか、函館市は不安なわけです。
 
 
だから駅名は「函館」を入れたいわけです。「北斗」をいれると紛らわしいまで言っていますから、どれだけ必死なのかわかるでしょう。
 
 
まぁ、JR北海道は「北斗」と「函館」の両方が入った駅名を打開案として出してくるでしょうが、こうなると「北斗函館」か「函館北斗」と、どちらの地名が先に来るかで揉めてしまうんですよね。
 
「燕三条」と「三条燕」がいい例ですね。こちらも高速道路でなんとかできればいいんですけど・・・・・・。