京都新聞によりますと、京都府とJR西日本などは、JR奈良線のJR藤森~宇治間、新田~城陽間、山城多賀~玉水間の3区間、合計14kmの区間の複線化について合意したそうです。
 
これで京都~城陽間はすべて複線化されることになります。
 
 
なんか聞いたことあると思ったら、ほぼ2年前にこの話に触れていました。
 
当時の情報だと、早ければ2011年に着工となっていましたが、2012年に合意でした。
 
まぁ、そんなに話がうまく進むわけないですからね。実際その時から難しいと思われていたぐらいですから、むしろ早い方。2012年になったといっても、まだ1か月も経っていませんし。
 
埼玉にある春日部という駅なんて、いつから高架化って言っているんだろう?
それと比べたらニュートリノばりの速さと錯覚してしまいます(結局光速とどっちが早いの?)。
 
 
事業期間は今後10年と見込んでるらしいです。そりゃ長いですが、全部完成すれば奈良線の6割が複線。電車の行き違いとかが減りますし、列車の増発も可能になりますからね。
 
期待して待ってます。