すでにN700系は、東海道山陽新幹線でかなりの数を占めていますが、700系の置き換え用として、平成24年度と25年度には、N700Aというのが投入されるみたいです。
 
どうやら、N700系のマイナーチェンジタイプみたいな車両のようです。
 
 
ブレーキが安定した強いブレーキ力を実現する、中央締結ブレーキディスクを搭載、さらなる信頼性向上のため、全台車の状態を常時監視する台車振動検知システムを搭載、さらに定速走行装置も搭載されるようです(この装置に関しては、名前の通りですので割愛)。
 
 
日経にはデザインも一部見直すと書いてありました。
どうなるのかな?
 
 
平成24年度と言われて、もう少し先の話かと思えば、今年は平成23年。来年にはもう顔を出しているようです。
 
700系も置き換え対象となると、東海道新幹線はN700系シリーズで統一ということですね。なんか寂しいです。
 
 
JR東海のプレスリリースはこちら