JR西日本によりますと、25日の午前7時35分ごろ、北陸本線の浦本駅構内で、特急はくたか1号が制限速度100km/hの曲線を124km/hで進入したため、ATSが作動して停止したそうです。

原因は運転士がブレーキ手配を失念したからだそうです。


制限速度を24km/hオーバーって相当ですよね。脱線しなくてよかったですよ。しかも未だに福知山線の件が解決しない中、こんなトラブルって……
相当たたかれそうですね。まぁ、叩かれるのに価するようなトラブルを起こすのも悪いんですけどね。


というか、制限速度オーバーで新聞記事になったりするんですね。うん、電車でGo!だったら制限速度超過とか結構あるんですけどね(^_^;)←俺の運転が下手なだけなんですけどね(苦笑)

それだけ現実の列車の運転は厳しいってことでしょうか。
ゲームだとちょっと点数引かれるだけで済みますが、現実だと福知山線の脱線事故等、相当な事故につながりかねないですからね。安全運転でお願いしたいです。