↑大手私鉄のイメージ画像。そこまで本文と関係ありません。
 
NEWS47より引用
日本民営鉄道協会(民鉄協)は25日、JRを除く大手私鉄16社の駅や電車内で、2009年度に起きた駅員や乗務員への暴力行為が計231件だったとする集計結果を公表した。08年度から5件減ったが、高い水準で推移している。
 集計は00年度から始め、当初は75件だったが、08年度まで、ほぼ毎年増え続けていた。
 集計によると、きっかけは「理由なく突然に」暴力をふるわれるケースが35%で最多。金曜日から日曜日にかけ、午後10時から終電までの深夜に多発している。加害者は男性が大半で、飲酒している割合が67%と高かった。年齢は30代が26%で最も多く、20代以下が23%と続いた。
 駅員が、ホームにいた乗客に終電を知らせると、突然殴られたり、けられたりした例や、無理やり自動改札を通る乗客を注意したところ、鼻骨を折られたケースもあった。
 民鉄協の担当者は「長引く不況でイライラを抑えられないお客さんが増えているのでは」と分析。7月にJRや大都市部のほかの鉄道会社と共同で暴力追放キャンペーンを予定している。
 
単に八つ当たりですよね。不況だからしゃぁないとは言えませんからね。例え酔っ払っていたからって抑えてほしいものです。
鼻骨が折られるというのは、かなりやりすぎですよね。
 
イライラしているときに、趣味とかに逃げ込めるといいんですけどね。