イメージ 1

とりあえずMSNのニュースを全てコピーさせていただくとして、
JR西日本福岡支社は、九州新幹線の全線開業に合わせて増設工事を進めている博多駅(福岡市博多区)の新幹線ホームを3月31日から暫定使用すると発表した。来春以降は鹿児島中央-新大阪を結ぶ九州新幹線「さくら」も停車するホームが、まずは「のぞみ」や「ひかり」のホームとしてお披露目される。

 博多駅では、JR九州が整備する駅ビルとは別に、鉄道建設・運輸施設整備支援機構がホーム1面を増設中。新幹線のホームは現在の2面と合わせて3面、11~16番線となる。

 増設ホームの暫定使用はレールやポイントの整備に伴い現在の14番乗り場が閉鎖されることに伴う。期間は約3カ月の見通し。

と、まぁこういうことらしいです。


暫定使用に合わせて、現在の14番線が一時閉鎖となる関係で、山陽新幹線ののりばが一部変更となります。
到着時の影響はほとんどないでしょうが、博多駅から山陽新幹線に乗る場合は、駅の案内などに注意する必要がありそうです。


九州新幹線が開通するまでは、しばらくは博多駅もごたごたしそうです。