昨日だか一昨日の朝日新聞の後ろの方のページに、高速道路料金一律1000円から1ヶ月の記事がありました。

その中の下のほうに、先日このブログでも言ったように、不公平や環境に悪影響などの批判も相次いでいます。


今日の現代社会の授業で、完全に日本の経済政策はアホというのがわかりました。

ちょうど今、環境問題についてやっているんですが、ドイツの酸性雨などの環境対策は、ガソリン税の膨大な値上げ、一部地域では、車の乗り入れを禁止して、そこには市電を走らせる、車の使用を控えてもらう……。

※先生が言っていたことなので、一部は違っているかもしれません。

日本とまったく逆じゃん!


おいおい。日本なんか、車(しかもバスではなく、マイカー)に乗ることを、促進させているではないですか!

日本なんか、マイカーに比べて、少ないCO2排出量で移動することのできる公共交通機関を、潰しにかかっているではないですか!

ダメだ。この授業は、日本の未来がどれだけ不安かしかわからない。